知らないと損!
バイナリーオプション解明!

バイナリーオプションは、FXより簡単な取引

バイナリーオプションは外国為替取引のFXを、簡単に取引できるようにしたものです。
将来の一定時間における為替相場の水準を選択すればいいだけなので、誰にでもゲーム感覚で取り組めるところがメリットとなっています。

従来のFXではトレードにおける売買のタイミングのすべてを投資家自身が判断する必要がありました。
適切なタイミングで売買を行なわないと、うまく利益を確定できなかったり、含み損を膨らませてしまう可能性がFXにはありました。
FXで特に問題となるのが含み損の存在です。
FXでは含み損を抱えている時に損失を確定することを嫌って損切りが遅れ、いたずらに損失が拡大してしまうということが起こり得たのです。

●バイナリーでは含み損が存在しないのがメリット

しかしバイナリーではFXのように含み損は存在しません。
あらかじめトレード費用であるチケット代金を購入し、為替相場の予想を行うだけなのです。もし予想が外れれば損失はチケット代金のみに限定されます。
バイナリーのシステムは、FXというより競馬や競輪のような公営ギャンブルに近いものなので、含み損のように判断の遅れによって損失が膨らむものは存在しないのです。
損失があらかじめ限定されているバイナリーでは、多額の損失を被る可能性は極めて低くなっています。バイナリーは金融取引の中でもかなり安全な部類に入るのです。


ハイロー.net

●バイナリーでは取引回数が限定されているため、ギャンブルのように熱くなることを防げる

バイナリーのシステムはギャンブルに近いものがあります。
しかしギャンブルでは負けを取り戻すために熱くなってしまうという問題点がありました。ギャンブルでは負けた時、その負けを取り返そうと次のレースで多額の資金を投入し、さらに損失を膨らませることが起こりがちなのです。

バイナリーでは投資家が熱くなることを防ぐため、取引機会が制限されています。
国内バイナリーでは為替予想が行なわれる判定時間は2時間毎とされています。そこで最大でも1日に12回しか取引ができなくなっているのです。
判定時間が2時間も開いているので、たとえ取引に失敗しても損を取り戻すために感情的なトレードを行うことを防げます。
常に冷静な判断で取引に臨めるというのも、バイナリーの魅力なのです。


●バイナリーでは、途中で降りることができる

バイナリーが他のギャンブルなどと決定的に違う点が1つあります。それは、途中で降りることができるということです。
競馬であれ競輪であれ、投票券を購入しレースが始まれば、投票券の払い戻しは不可能です。しかしバイナリーであればそれが可能のなのです。
バイナリーでは2時間毎に判定時間が到来し為替予想が行なわれますが、その判定時間が到来する前であれば購入したチケットの売却ができます。
もちろんチケット代金の全額で売却できるわけではありません。チケットの売却額は、判定時間までに残された時間の長さや予想した為替レートと売却時のレートの乖離などによって変化します。
しかし予想が外れることがわかっている場合に、支出したチケット代金の一部を取り戻すことがバイナリーでは可能です。
他のギャンブルとは異なり、予想が外れたとわかった時に、降りて投下資金の一部が回収できるというところが、バイナリーにおける最大の魅力となっているのです。

レバレッジ

FX取引をおこなう場合、初心者のうちは、レバレッジを低く設定したほうがいいでしょう。

そのほうが、損失のリスクは少なくなるのです。また、スワップポイントというものも利用するといいでしょう。

日本円は低金利だといえますが、海外の通貨の金利については、日本円よりも高い傾向にあります。

そして、その金利差を利用して稼ぐのが、スワップポイントです。初心者のうちは、レバレッジを1倍にして、スワップポイントで稼ぐくらいの気持ちで取引に臨むといいでしょう。

そして、慣れてきたら、レバレッジを高くしていくといいでしょう。