知らないと損!
バイナリーオプション解明!

取引業者に課せられた規制

FX取引や、バイナリーオプション取引は、どんな業者でも取引きを行えるわけではなく、金融庁や金融先物業協会などによって、金融商品取扱業者としての認可を受けた取引業者しか扱えないことになっています。

バイナリーオプションやFXなどには、その取引ルールが国内と海外で違っているという事にお気づきであるとは思いますが、こうしたルールの違いなどはこの金融庁や金融先物業協会からの通達やそれを受けて布かれた規制によるものとなっています。

例えば、バイナリーオプションでは取引きの成立時間は最短でも2時間となっていますし、FXでは顧客の投資した資金を倍加しより大きな通貨を扱えるレバレッジの大きさに対して、個人であれば25倍、法人でも400倍という規制が掛けられています。

もちろん、これらの規制は海外の取引業者には適用されないため、より自由度の高く戦略的な投資が行える海外のFXやバイナリーオプションを選択する投資家も多くいます。

しかしながら、こうした規制は投資家の行動を制限するために行われているのではなく、それによって生じた様々な過去の問題を調整するために施されているのです。

多くは金融商品を買う消費者、つまり、取引業者からその顧客である投資家の立場を守る者として建てられた規制が多くあり、それは、先のような取引ルールの変更以外にも様々なものがあります。

参考: ワイバイナリー.net

例えば、バイナリーオプションでは、あらかじめ決められている相場価格よりも、変動するレートの値が上になるか、下になるか、という取引ルールが使われています。
かつては、このあらかじめ決められている価格に上下の幅が設けられ、この幅内にレートが入って取引時間が満期になった場合には、上になると投資した資金も、下になると投資した資金も、すべて取引業者の取り分になるというルール設定があったのですが、これは全ての投資金は顧客に払い戻しにされる、という形に変更されました。

またFXでも、投資家が発注した価格での注文が、相場レートの変動に追い付くことができず、ずれた価格で約定されてしまうスリッページという現象について、ある種の制裁的な対応ともいえる通達がされたことがありました。

スリッページは、為替相場のレート変動の速さや、そこにかかわる通貨取引の注文の量、取引業者の通信サーバーの能力面など、様々な要素で発生します。
これ自体は起こり得るものなのですが、悪質な業者ではこれを意図的に操作し、自分たちに有利な取引きの場合は注文を約定し、不利な注文はスリップさせるという事を行っていた業者もいました。

こうしたことにより、取引業者に有利になるようなスリッページの禁止が通達され、またこのスリッページ長期間にわたったため損失が出た問題で起こされた訴訟においても、スリッページの時間の長さが通常に起こり得る妥当な時間を超えているとされ、被告である取引業者に損害賠償金の支払い命令が下される判決が出たこともあるのです。

このように、金融商品を取り扱う取引業者にも、様々な規制や通達がされており、これにより消費者である投資家は、安心して投資取引を行うことができるのです。

レバレッジ

FX取引をおこなう場合、初心者のうちは、レバレッジを低く設定したほうがいいでしょう。

そのほうが、損失のリスクは少なくなるのです。また、スワップポイントというものも利用するといいでしょう。

日本円は低金利だといえますが、海外の通貨の金利については、日本円よりも高い傾向にあります。

そして、その金利差を利用して稼ぐのが、スワップポイントです。初心者のうちは、レバレッジを1倍にして、スワップポイントで稼ぐくらいの気持ちで取引に臨むといいでしょう。

そして、慣れてきたら、レバレッジを高くしていくといいでしょう。